副交感神経の働き.net » 安全を心掛ける

安全を心掛ける

安全第一を心がける家庭内の安全リフォーム、これにはちょっとした工夫で出来てしまうという特徴があります。よくあるホームセンターをイメージされると分かりやすいと思いますが、バリアフリー向けなどの色々な商品が揃っています。

そういうものを使ってDIYリフォーム、つまり日曜大工でプチ安全リフォームに取り組む方も多いのではないでしょうか?

しかしながら色々な細かい部分をカバーすることが多いので、作業時の安全も考慮し、出来れば大掃除などにあわせてまとめてしてしまうなどの工夫も必要かもしれません。

プチ安全リフォームの一例としては漏電防止に繋がるたんすやテレビボードなどの裏側のコンセントの差込み口のリフォームが上げられます。蛸足配線になっていることが多いため、埃によって電気がブレークしてしまい、よくテレビなどでも発火原因として挙げられています。

これについては埃がたまることを防ぐのは難しいため、たまに掃除をすることも必要かもしれませんが、個別ON/OFFが可能なタップ式のものを導入する等し、蛸足をやめるような工夫が可能かと思われます。

工夫されたコンセントなどを導入してなかなか抜けないような工夫をすることも効果が大きいでしょう。ダッシュボードなどのグラスや酒瓶の転倒を防いだり、その他のガラス製品の転倒事故を未然に防ぐことも効果があるでしょう。

こちらは地震などへの対策として講じることが多いでしょうが、安全リフォームにも是非取り入れたいものでしょう。そして地震対策リフォームで欠かせないのが大型の家具の転倒を防ぐことではないでしょうか?

子供部屋のたんすなどが倒れないようにしておくのは最低限必要なことと思いますが、住み慣れてしまうと変化にも気付かないことがありますので、要注意ということにすべきでしょう。

それだけでは不安だ、専門業者を探してみたいという方は、リノベーション費用見積比較ナビで、業者を探してみてはいかがでしょうか?

地震対策や火事対策の安全リフォームは、ちょっとした工夫でできることも数多くありますが、耐震なども含む安全リフォームとなると個人では難しい部分が増えてきます。そんな場合には、リフォームの専門業者を探して相談してみるといいでしょう。