副交感神経の働き.net » バリアフリーへの変化

バリアフリーへの変化

現在では、バリアフリーリフォームからユニバーサルデザインへと変わってきています。バリアフリーリフォームは、もともとある障壁を除去する考え方ですが、ユニバーサルデザインは、はじめから障壁のない、障害者や高齢者、弱者などによる区別がなく全ての人が使いやすい設計でものを作るというものです。

住宅メーカーなどで新築を建売するとき最近では、ユニバーサルデザイン対応住宅と言い換えられているほどメジャーの言葉になりつつあるものです。

日本では、まだまだ浅い歴史のバリアフリーリフォームですが、これからの高齢化社会の進行にともないどんどん成長していく分野でもあります。

諸外国の中では、スイスがとくにバリアフリーリフォームに力を入れているのは世界のなかでも有名です。年金だけで生活できたり病院代が無料になったりと高齢者や障害者に暮らしやすい国づくりになっています。

日本もスイスのような高齢者や障害者にもっと優しい国づくりになればいいと思います。もし、日本でバリアフリーのリフォームを考えているのであれば、見積もり比較ナビのサイトを利用すると良いでしょう。

親身になって相談にのってくれるだけでなく、あなたに合った最適な業者を紹介してくれます。しかも、完全無料でここのサイトのサービスを利用することが出来ますので、ぜひ、利用してもらい、最高の工事をしてもらいましょう。