副交感神経の働き.net » フットケアで血行改善

フットケアで血行改善

糖尿病や動脈硬化は身体の至るところに影響を与えますが、足に関してもそれは例外ではありません。

特に足は血行が悪く事が原因となって表れる症状が多く、場合によっては日常生活を来る事が困難になったり壊死してしまうこともあるので、そうなる前にフットケアを行う事が非常に重要になってきます。

足に表れる症状は初めの内はそれほど重い症状が表れないのでその間にフットケアなどの治療を行い、症状を悪化させないように勤めましょう。

足は心臓から遠くにあるため何らかの理由で血流障害が引き起こされた場合血液が十分に行き渡らなくなり、酸素や栄養素が隅々まで行き渡らなくなってしまいます。

そのためまずは足が冷たくなっていきそれがずっと治らない状態が続くようになります。これが悪化すると痛みなどを感じるようになってくるので、そうならないように毎日こまめに血行を促進するためのフットケアマッサージを行います。

フットケア法は色々ありますが、足のリンパを活発にするためのツボ押しや足の指と足首をほぐすなど様々なフットケアマッサージで身体をほぐすことで足の血行を促進すれば症状は軽くなっていくでしょう。

その他に行なっておきたいフットケアを挙げるなら足のクリーニングもしっかり行なっておきたいところです。足が汚いと細菌が繁殖しやすくなり足に何らかの形で傷が付いた時にすぐに菌が身体の中に入り込んでしまいます。

血流障害が起こって血の巡りが悪くなっている時は身体の抵抗力も弱まっているのであっという間に小さな傷が潰瘍になったり壊疽を引き起こしてしまうので、足は常に清潔にして菌が繁殖しない環境づくりを行うのが重要です。

こうしたフットケアは自宅で行えるので足に何らかの症状が表れないように毎日さぼらずに続ける事が重要です。

万が一目立った症状が表れた時は病院でしか行なえないようなカテーテル治療などの専門的なフットケアを受けることで治療する事が出来るので、足の健康に気を配りつつ何かあったときはすぐに病院でフットケアを受けるようにしましょう。