副交感神経の働き.net » 症状について

症状について

もし、腰部脊柱管狭窄症を発症した場合、症状を緩和する方法はないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。

腰部脊柱管狭窄症を改善し、場合によってはほとんど元の状態にまで改善する人もいます。腰部脊柱管狭窄症になった場合、症状を緩和させるために気を付けることをいくつかご紹介しましょう。

まず、反った姿勢をしてはいけません。仕事上、体を使う人は難しいかもしれないですが、日常生活で気を付けることはできます。

また、歩くときは杖や手押し車を利用し、無理のない姿勢で少しだけ前かがみでゆっくりと歩くことが、腰部脊柱管狭窄症の痛みを和らげます。

しかし、これらの方法は確かに腰部脊柱管狭窄症の症状を和らげてくれますが、ますます体を動かさなくなることで、足腰の弱体化を加速してしまいます。体を動かして歩くのが一番いいのですが、それが難しい場合は、自転車を利用して筋力が低下しないようにする方法があります。

また、なるべく姿勢は意識して背筋を伸ばしておくことを心がけてください。これだけでも継続することで、かなりの痛みを緩和することができますもう一つはストレッチをしたり、寝ているときにも腹筋に力を入れて意識して、日常生活にリハビリを取り入れることを心掛けてください。

腰部脊柱管狭窄症になると安静にして下さいと言われることが多くなりますが、先ほども説明したように、安静にしていると、骨を支えている、筋肉や腱が衰えていき、更に症状を悪化させてしまう恐れもあります。

多少痛みがあっても、運動療法などを積極的に取り入れて、腰部脊柱管狭窄症のリハビリを行うようにしてください。そして、自分自身の体の筋肉や腱が衰えないようにするように心掛けましょう。