副交感神経の働き.net » 克服していく方法

克服していく方法

五十肩になると、肩の痛みが起こります。また、この痛みだけではなく、五十肩が原因で肩周りの著しい動作制限が起こります。

例えば服を着替えることもままならず、背中を掻くこともできず、洗顔も即座に済ますことができない、というように日常生活へのダメージもかなり大きくなるのが常と云えます。

五十肩と並び肩凝りも改善するのが難しい症状ですが、肩凝りの原因が主に筋肉であるのに対して、五十肩の場合は骨、つまり肩の関節のバランスの悪さが原因となります。

この五十肩のはっきりとした原因はつかめていません。何らかの原因によって肩にある上腕骨、そして肩甲骨のバランスが崩れてしまい、骨同士がぶつかったりして関節を傷つけ、そして炎症が起こってしまう症状です。

五十肩の痛みはひどい場合でも半年もすれば克服できます。またこの症状は自然に消滅していくのが常ですが、五十肩の痛みの消失に伴って出てくるのが肩周りの動作制限です。

肩の骨の潤滑油として機能している液が、炎症によって水分が失われていき、このことで様々な癒着が起こり、その結果、可動域が減少してきます。痛みがあるというわけではなく、動きが全くとれないというケースがほとんどです。

この現象から少しでも早く逸するためには、リハビリを多様して五十肩を克服していくしか方法はありません。無理に上げようとして機械で上げたとしても、また痛みがぶり返し、治療をする上で取り返しのつかないことになってしまう可能性も否定できません。

早い場合には急性期から腕の可動域を増やすためのリハビリ訓練を実施することが早期の克服を生みます。動かなくても、無理が出ない範囲でわずかでも動かそうと努力することが必要です。

そして慢性期になれば、動きも出てきますので、効果があったことを実感できるようになります。五十肩の克服とは、この可動域の復帰にあると言っても過言ではありません。症状ごとに最適なリハビリ運動を取り入れるように、病院でアドバイスを受けることが必要です。