副交感神経の働き.net » 種類と治療法

種類と治療法

腰痛や神経痛といった激しい痛みの症状がある場合に、痛みの信号を伝える働きをブロックすることで痛みを抑制・抑止するための治療手段がブロック注射です。このブロック注射には症状や処置をする部位によって様々な種類があります。

例えば星状神経節ブロックというのは、痛みの原因になる神経線維の末梢神経や交感神経に対して、局所麻酔薬を作用させ浸透させることで、神経自体の機能を一時的に麻痺状態にし、交感神経を抑制することで痛みの伝達を阻止します。

このことから交感神経ブロックとも呼ばれます。この治療法は神経痛だけではなく顔面神経麻痺や多汗症といった疾患の場合にも用いられます。

星状神経節そのものは首の付け根部分にあり、この位置は頭や顔や首、そして腕や心臓・気管支や肺などを支配している交感神経が集まっているので、施術効果の適用性が広くブロック注射の中でとても一般的な方法になっています。

他にも硬膜外ブロックというものもあります。こちらは椎間板ヘルニアなどの腰痛の症状がみられる場合に用いられることが多いです。

硬膜外ブロックとは脊髄を取り囲んでいる一番外側の硬膜というのがありますが、その硬膜の外側、黄色靭帯との隙間がありその隙間を硬膜外腔と言いますが、その硬膜外腔に局所麻酔薬を注入するj方法です。

硬膜外ブロックの中でさらに処置をする場所により腰椎硬膜外ブロック注射と仙骨硬膜外ブロック注射があり、症状や痛みの部位によって使い分けられます。

さらにその他にもファセットブロック注射や椎間板内ステロイド注射など。ブロック注射には非常に多種多様な治療法が存在します。病気の症状や原因によって、医師としっかりと相談をしたうえで、どの方法を適用するかじっくり考える必要があります。

頚椎ヘルニアをブロック注射に頼らず完治する