副交感神経の働き.net » 吐き気の原因

吐き気の原因

吐き気は何故起こるのか、アルコールの飲みすぎや食べすぎなどの一般的な原因もありますが、胃腸の健康が崩れているときだけではなく、様々な原因があると言われます。片頭痛などの消化器系以外の健康が損なわれている場合も吐き気は起こります。

吐き気とは、眩暈や腹部全体の不快な感覚、食欲の不振など、様々な不快な感じを指しますが、脳にある嘔吐反射中枢が刺激を受けることが原因です。

またこの反射中枢が刺激される原因として最も多いのが、消化管の働きが乱れることです。その他、船やバスなどに乗ったときに感じる揺れや、妊娠の初期、鎮痛剤などが原因となる場合もあります。

嘔吐については、食べたもの、胃酸や胃液などの胃にあるモノが、強い力で胃から上に逆流する症状です。

腹圧が高まってくると胃は逆流を起こしますが、やはりよくあり得るのが、二日酔いなどの飲みすぎた後や、腐敗してしまったものを食べた後などです。健康な体は、あきらかに有害なものを排除しようとします。

またよく気持ちが悪い状態が続くと、吐きたいと感じますが、それでも吐けない場合、喉に指を差し入れることをする方がありますが、これは喉の咽頭反射と呼ばれる神経反射を利用する方法です。

嘔吐する前には吐き気がするのが常ですが、吐き気がなくても嘔吐することもあります。特に胃の出口に腫瘍などがある場合はよく起こります。

また、肉体的な健康問題だけでなく、心因性のものもあります。例えば過食症の方は意図的に嘔吐を繰り返します、また登校拒否をしている児童が意図しないで嘔吐する例もあります。心因性の場合は病院で診察を受けてもすぐには発見が困難です。

ですのでどのような健康状態のときに吐き気が起こるのか、などを問診するために内容をまとめておかなければなりません。

その他、ダイエットのために食べては吐く、ということを実施している方もいらっしゃいますが、そのままだと嘔吐が慢性化し健康を崩してしまう例もありますので、他の方法を探すべきです。