副交感神経の働き.net » ヘルニアと痛み

ヘルニアと痛み

腰痛の中でも重度の疾患として代表的なものがヘルニアです。身体の背骨には24個の骨が並んでいますが、これらはクッション性の高い椎間板によって連結されることで、常に動作をスムーズにすることができます。

またこの椎間板はその中身としてゼリーのような柔らかい骨と、その周りの固めの軟骨とで構成され、髄核が後方へ脱出すると、独特のつらい症状が出現します。


このようにヘルニアとは、椎間板がそのあるべき場所から逸脱してしまった状態です。飛び出した椎間板は神経を圧迫しますので、腰痛のほか、痺れや麻痺などを引き起こします。

もちろん痛みは経験した方でなければわかりません。臀部、つまりお尻の部分から足にかけて猛烈な痛さが起こります。またナイフでその部分をえぐられたような激しい不快感、という方もいらっしゃいます。初期の段階から下肢の痛みがあり、足の表、裏にもしびれが起こります。

原因も様々です。姿勢の悪化や運動不足、またはスポーツや重労働、怪我による外傷なども考えられますが、特に急性的に発症してしまった場合は、病院にも1人では行けず、誰かに肩を支えてもらいながら、という例も少なくありません。

この病はまさに大の大人が泣きそうになるくらいに痛む、というものだそうです。ある人は徹底的に治療をしてください、と頼み、手術でも何でもいい、と泣きつくくらいの勢いで医師に願い出ますし、また手術だけはしたくない、と激痛があるにもかかわらず頑固な姿勢を変えない方もいらっしゃいます。

どんな病気でもそうですが、この病気もやはり初期の治療が大切です。症状が出ないまま一生元気で過ごす方もいらっしゃいますが、無理をしたらどうなっていたかわかりません。

普段から整体や整骨などに通って筋肉や骨のゆがみを矯正しているという方も多くいらっしゃいます。まさに予防のための手段をたくさん講じておくことが、辛い症状を経験しないための最良の策とも言えます。