副交感神経の働き.net » 柔道整復術について

柔道整復術について

柔道といえば日本人なら誰でも知っているといえる武術、正確には柔術と呼ばれますが、この柔術は殺法、つまり相手を倒すため、殺傷するための法則と、活法、傷ついた場合に治療、蘇生する法則に分かれます。

そしてそれぞれに発展しながら、殺法は柔道に、そして活法は主に接骨院で行われる施術として今日まで継承されてきています。

つまり柔道整復術とは武術が基礎となっていますが、西洋、東洋を問わず、様々な医療技術を取り入れることで現代の治療法にも即した施術を行うことができます。

なかなかイメージがつかみずらい技術ですが、歴史の上でもなかなかに起伏の富んだ扱いを受けて今日に至っています。

柔道整復術は江戸の時代に体系がほぼ安定化されていますが、明治維新の後には漢方医学を含む東洋医学に対する廃止が行われ、その際には医療行為に対しては医師免許が必要であるという近代的なシステムが導入されています。

事実上は接骨院は禁止である、ということに他なりません。しかし、その後実際に施術にたずさわる武道家による運動などによって大正9年には接骨院は正式に認可されています。

その後も近代化は続きます。昭和に入ってからのGHQの存在、つまり敗戦後の日本の大きな変化も無視できません。武道を廃止し、医学教育がともなわない医療も全面的に禁止され、再び接骨院は危機状態に陥っています。

昭和45年頃、日本が裕福になり、柔道整復法も成立しています。また2001年になるとWHOの発行する伝統医療と相補・代替医療に関する報告、としてその内容に接骨院が紹介されています。

柔道整復師は接骨院だけではなく整形外科やリハビリセンターなどでも活躍する人材が多くいます。国家医療の枠組みとして、幅広い分野で健康に役立つ治療法として認められています。

自然治癒力を利用し、自然治癒を高めていくこと、現在では病気の治療において不可欠だといわれるこの立場に立った、理想的な施術法であると言えます。