副交感神経の働き.net » 骨盤について

骨盤について

骨のバランスが悪化すると、健康にはかなりの悪影響が出る、と言われています。特に体幹にある大きな骨である骨盤は、現代人にとってもっともゆがみやすい部位です。

この部分が歪めば腰痛や肩凝りの原因になりますし、内蔵の働きなども悪くなってしまい、便秘や冷え性などになる可能性も増します。

最近は骨の歪みを気にする方が増えています。やはり姿勢が悪かったり、運動不足による影響もあれば、病院での治療だけでは不足である、という方も多くいますので、色々なところで影響を受けているようです。

歪んでいる人の姿勢を専門家がチェックした場合、まず重心の線からズレている例がほとんどです。このためにズレが影響する関節や筋肉などにも負担が大きくなり、どんどん生活の意識なども不安定になりがちです。

自分では正常に立っている、歩いている、と思っても、意識とは裏腹に姿勢が悪いことからストレスがたまります。

まず専門家に診て貰うことが大切です。なかなか自分で気付くことができないのもこの異常な歪みです。あるいは、椅子に座った時の感じがいつもと違う、とか、パンツやスカートなどがしっかり固定できていない、ということで気付く方もいますが、疲れがたまっているとどうしても骨に無意識になりがちです。

できれば腰痛が出る前に気付くこと、そして整体やカイロプラクティックなどで診て貰うのがよいと思います。よい治療院では1度の施術でも正しい位置に治してくれると言われますが、一度治ったからといって開き直りはよくありません。

専門家もかならず日常のアドバイスをします。主には歩き方をきちんと整える、椅子に座る姿勢をチェックしたり、ストレッチや軽い運動など、一般的に体調を維持するために必要なことがほとんどですので、ほとんど難なくこなすことができると思います。

また他には矯正用のツールとして、ベルトやコルセットなども多く流通しています。これらもきちんと選べば、サポート力はかなりあると思います。