副交感神経の働き.net » 薬に期待できる効果

薬に期待できる効果

頚椎ヘルニアになると肩こりや吐き気、頭痛、めまい、また手足にしびれを感じるといった症状を起こすことが多くなっています。

頚椎ヘルニアの特徴として、患部が神経の多く存在している部位となるため手術のような方法は負担が大きくなってしまいます。そのため頚椎ヘルニア症状が進行して悪化してしまうのを防ぎ、出来る限り頚椎ヘルニアの症状を緩和するように一般的には保存的治療が選択されます。

この方法には物理療法、理学療法、装具や運動というように様々な手法がありますが、症状に応じて適したものが処置されます。

中でも慢性期になっても強い痛みがあるような場合には上記に挙げた治療法に併用して、薬剤を用いる薬物療法が用いられます。これはその名の通り痛みを和らげる、患部の炎症を抑えるといった効能を持つ薬物を投与する治療法です。

運動での改善などは頚椎ヘルニアの痛みがあると中々思うように進められないことがあるので、そのような時には薬物を併用して使用することで痛みの症状を抑え治療効率の向上を期待します。

具体的に薬物療法で用いられる薬剤は、一般的には非ステロイド性の消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、またビタミン剤や神経賦活薬が良く用いられます。場合によっては湿布薬のような貼り薬も用いられますね。

また、これまでに挙げたような主に痛みに対するものだけではなく、患者が病気に対して不安を持ってしまい、日常生活に大きな影響を与えてしまっている状態の際には、患者の精神を安定に保てるように抗うつ剤や精神安定剤が処方されることもあります。

このような薬剤を用いて薬物療法を進めるわけですが、薬物の選び方にもポイントがあり、頚椎ヘルニアが急性期で激しい痛みを伴うような場合には、副作用の恐れがあっても効果の大きなものが選択されます。

また、逆に頚椎ヘルニアが慢性期の安定した段階の時には多少効果が小さくても身体への負担が小さいものが選択されています。