副交感神経の働き.net » 脱毛の解消

脱毛の解消

全体的に毛が薄くなってきたということではなく、部分的に毛がほとんど抜けてしまう状態を円形脱毛症と言いますが、これはいわゆる禿げの状態の次に多い脱毛の症状です。

では円形脱毛症は禿げと比べて、ホルモンなどの問題の他に病気なども関係しているのかというと、軽いものであればそうでもありませんが、いつまで経っても抜けたままだったり、円形の部分がだんだん広がってくる場合は皮膚の健康に問題がある可能性が高いそうです。

またこれは男性の場合は禿げと同じことですが、女性の円形脱毛症は健康を損なっている可能性があります。もし抜け毛もそれほど多くないのであれば、しばらくすれば生えてくると思いますから問題はありませんが、やはりサイズが大きく見えるとなったら病院で健康状態について検査を受けるべきです。

頭皮の健康を損ない円形脱毛症になると、その方からは自己抗体という物質が発見されるそうです。またこの物質が体内の成分に反応して毛の成分などを刺激すると毛が抜けます。

しかしこれだけでは原因とは言えず、自己抗体は常に身体全体にいきわたっているのに、頭の一部分だけが抜けることの意味がわからないということになります。

あるいは身体的な健康面だけでなく、精神的な健康、ストレスが原因であるという説もあります。ストレスによって血行が悪くなり健康が阻害され、頭の一部分に供給されなくなることで、毛が生えなくなってしまうことは充分に考えられます。しかし実際にストレスなど全くないような生活をされている方が円形脱毛症にかかっていることも明らかなようです。

女性の円形脱毛症の治療には注意が必要です。例えば放射線や抗がん剤などを投与した場合にたくさんの毛が抜け落ちてしまうのと同じように、ホルモン剤を塗りこんだことが理由で禿げている部分が大きくなることもあります。

健康な皮膚を取り戻すために、できれば専門の医師、病院や知名度の高い名医と呼ばれるような医師に診てもらい、充分に安全性を確認してから治療を受けることが必要です。専門のクリニックなども都市部にはたくさんあるようです。