副交感神経の働き.net » マンションの制限

マンションの制限

部屋が古くなったと感じたり、子供が独立していって家族の生活スタイルが変わったことで部屋の間取りや空間に手を加えたいと考えているのであれば、リフォームは部屋の住みやすさを変えるための手段としてはおすすめです。

しかし、マンションの場合には、集合住宅にある特有とも言える制限があるので注意することが必要になってきます。

皆さんが知っているように集合住宅の場合は専有部分という箇所と共用部分という箇所の2箇所に分類されます。

専有部分のことは文字通り専有ということで自分達のものという意識を持たれることもあり、自由に改装ができると思われていることがあります。

しかし、必ずしもそうとは限らない場合があります。例えばベランダや玄関扉など、外部から見える部分に関しては、共有部分扱いになっていることが多いです。マンション全体の統一感を図るためですね。

また、マンションによってはベランダがお隣と繋がっていたりするので、この場合も共用部分扱いになっている可能性が高いでしょう。

このように、集合住宅では自分が普段自由に行き来している場所でも、リフォームに関しては共用部分扱いで、工事が出来ないことが多々あります。計画を立てる前に、きちんと規約を確認するようにしましょう。