副交感神経の働き.net » 浴室を変えることのメリットとデメリット

浴室を変えることのメリットとデメリット

浴室リフォームのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。まず、浴室リフォームのメリットは費用が安価というところ。デメリットは浴槽の配置を変えることが出来なかったり、水栓やシャワーの位置も移動出来ないというところです。

在来浴室の部分的補修の概算相場は2万~5万円程度です。在来浴室を思い切って一度解体し、新しい浴室を作り上げることももちろん可能です。

住まいの構造部や下地部の痛みについても、しっかりと目視で確認出来ますから、住まいの寿命を伸ばすことにもつながります。

浴槽は自分だけの形を選び、我が家だけのお気に入りの浴室を作ってみると良いでしょう。在来浴室のグレードアップの概算相場は60万~120万円程度。

浴室改修でやはり人気が高いのはユニットバスです。防水性能が非常に高く、床下などへの水の浸入を防ぎます。

また、普段の手入れのしやすさ、お湯が冷めにくいなどといった機能が豊富に装備されており、リフォームにユニットバスを採用するケースも非常に増えています。

ユニットバスについても大きく分けてグレードが3つあり、低価格(普及品)タイプ、標準価格帯(中級品)、そして高級価格帯(高級品)があります。

それぞれの違いは、カラーバリエーションの豊富さや、浴槽の保温性能、使い勝手やオプションの豊富さなどにありますので、自分が浴室に望むことについてよくまとめた上で、カタログや業者の話を参考にして、仕様を決定させましょう。

ユニットバスへのリフォーム費用の相場は普及品グレードの場合70万~120万円程度。中級品グレードの場合90万~140万円程度。高級品グレードの場合120万~170万円程度となっています。