副交感神経の働き.net » 内視鏡手術の種類

内視鏡手術の種類

腰、または下肢に痛みやしびれなどが生じる腰椎椎間板ヘルニアの治療では、安静や投薬による除痛などの保存療法が基本ですが、三ヶ月程度継続しても椎間板ヘルニア症状が軽減しない場合や下肢の筋力低下が起こるという場合、または排尿や排便の異常などの麻痺症状が出現した場合は、手術によって神経を圧迫しているヘルニアを摘出することを検討します。

これには従来から椎間板ヘルニアの手術としてあるラブ法や、顕微鏡視下手術、内視鏡視下手術など幾つかの方法があります。

これらの方法の中でも、比較的高い侵襲性を持つものの1つが内視鏡を使う方法です。この手法は、体内にファイバースコープを挿入し、その先端を病巣にすぐ近いところに位置させて、神経の組織までよく見えるという環境で施術されます。

また皮膚を切開する必要はありますが、大きくて2センチ程度です。時間は1時間程度になりますので、従来の方法と変わらず、傷口が小さいため部位の痛みも早期に軽減します。

一般的な入院期間は長くて2週間程度で、保険適用が可能です。ただし、このようないい点ばかりでなくデメリットもあります。それは医師の技術が高いレベルでなければ失敗する可能性が高いということです。

内視鏡が出力するモニターは手術台から距離があります、そしてそのモニターを見ながら、遠隔で医師がオペを行うシステムですので、可視範囲が小さくまたそれだけ現実性が薄いため、目視下とはかなり方法が異なります。

つまり、この方法での椎間板ヘルニア治療を受けるという場合は、熟練の医師、成功率の高い病院を選ぶことが大切になります。

また、日本にはまだそれほど高い実績を持つ病院や医師が多くないということがありますので、手術費用やスケジュールの考慮も大事になってきます。

この方法は椎間板ヘルニアに対してはかなり古くから用いられている病院が多いですが、最近では頚椎神経根症や脊髄症など、椎間板ヘルニア以外の手術でも用いられるところが多くなっています。