副交感神経の働き.net » 整形外科で治療する

整形外科で治療する

整形外科では腰椎分離症の可能性がある患者の場合、まずはレントゲン撮影で患部をチェックします。

この方法は比較的簡単な方法ですが、腰椎分離症の症状が分からないケースもあります。そのため、CT検査やMRI検査をすることでより詳細までをチェックできるようになります。

また、CTやMRIは手術の準備としても用いられます。神経の圧迫の状況を詳しく調べたり、定期的に撮影することによって経過などを観察することができます。また、手術以外にも様々な治療方法がありますが、腰椎分離症の基本的な治療法は安静にすることになります。

必要に応じてコルセットを着用し痛みを軽減し患部を固定しながら生活をしてみたり、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、神経賦活(ふかつ)薬、末梢循環改善薬など使って痛みを和らげたり、または神経が修復されるのを助けることもあります。

血液の循環を良くするために温熱療法を使用することもあり、神経に直接注射をするブロック療法を用いて自然治癒の働きを期待することもあります。

これらの一連の方法を取ってもあまり改善が無い、または腰椎分離症の痛みが増えたりしてくる場合には、手術による治療が検討されることになります。

腰椎分離症であれば分離している部分の固定手術になり、また、すべり症となった場合では、すべりのある腰椎の間を固定する手術になります。

固定には自分の骨盤から移植をする方法、また人工骨を用いる方法もあります。インストールメンテーションと呼ばれる、金属性の器具による補助を行う場合もあります。

整形外科以外では、主なものとしてカイロプラクテイックがあります。こちらは患部を自然に繋げる、ということはできません。

しかしながらその周囲の健全性を高め、また全身の調子をよくさせることでその治癒力をアップさせ、すぐれた効果を得られることも多いようです。無痛整体術もその1つですが、心臓などが悪いという方にはあまりお勧めはできないでしょう。