副交感神経の働き.net » ペインクリニック

ペインクリニック

頚椎ヘルニアや椎間板ヘルニアなどになった場合、大抵は整形外科で受診、治療をすると思いますが、最初は肩や首が痛いので、肩こり首こりかなと思い、整骨院などに行って治療をしていませんか。

整形外科やペインクリニックなどの専門病院に行って、きちんとCTやMRIなどで画像を取って診断してもらうことが大事です。

自己判断で、肩こりや首こりだろうと思ってマッサージなどを安易にする事により、症状を悪化させることになりかねません。40歳を過ぎていたり、仕事で無理な姿勢での何時間も作業をしている場合などは、頚椎ヘルニアに可能性が高いと思われます。

整形外科に行って診断、治療はもちろんですが、近くにペインクリニックがあればそちらに行かれることもおススメします。

ペインクリニックとは、痛みを緩和または減らす治療をする麻酔医が行なう専門の病院です。ペインクリニックの代表的な治療法は「神経ブロック」による治療を中心に行います。

注射で局部麻酔剤を注入して、交感神経や神経付近に届かせます。治療期間は症状にもよりますが、1、2回で終わる場合もありますが、通常は入院して2週間位麻酔剤を注入し、その後リハビリとなります。

ブロック注射といわれるのがこの治療法です。痛みというものは本人にしか分からない辛いものです。ケガなど外から分かるものであれば、周りの人は辛いということは理解してくれますが、体の中では同じ病気になった人以外には理解しにくいものです。

飲み薬などでは痛みが取れるまで長期間かかります。痛みが長く存在すると、痛みが強くなったり、別の個所まで痛くなったりと痛みの悪循環が生じてきます。

痛みが長い期間続くと毎日の生活も憂鬱になり精神が不安定になりかねません。早めに痛みを取るか緩和させることがとても大事なことです。ペインクリニックはその名の通り痛み(ペイン)の病院です。

頚椎ヘルニアの主な原因を知りたい方はこちらから