副交感神経の働き.net » 資格について

資格について

「資格」と聞くと、一般的にはそれを持っていることによって専門的な知識があるのかどうかを判断できる材料になります。

現在では自動車の運転免許などをはじめとしてたくさんの種類があり、就職活動に必要であったり会社の研修で取らせるようにするところも多いものとされています。

さて、そんな資格ですがこれは当然医療機関においても存在していますし、無いまま治療を行なったりすると罰せられることがほとんどです。しかしながら中には、取得しないまま治療に携わることになっても罰せられずに済む職業の人が居ます。

そのひとつが「整体師」です。専門家をイメージさせる名前の人ですが、実はこの職業には資格が必要ありません。

本来は「整体士」と書きますが、「師」の方も使われることが多い職業で、資格が不要の職業としても知られているのです。厳密に言えばこの人たちは医師ではありませんから、レントゲンの撮影であったり注射をしたりと言うようなことは、医師法により禁止されています。

また整体「師」と書くと誤認されやすいので、今では整体「士」を使う人が増えてきていますし、この肩書きについては職業選択の自由と言う観点から誰でも名乗れるようになっています。

それから整体の専門学校が存在し、そこで勉強をして整体にたずさわる人も居ます。きちんとした学校に通っていれば技ろれなりの知識と技術は習得しているはずですが、あくまでも専門的な知識を学んだと言うことにしか過ぎません。

それから法律で定められているわけでもありませんから、ハッキリ言ってしまえば技術のレベルはバラつきが大きいと言っても良いでしょう。

それを考慮した上で整体に治療で通いたいとなると、良い整体を探すには自分の身体に合っている治療をほどこしてくれる治療院を自分で探し回るしか方法がありません。なので、根気良く口コミやインターネットで探してみるのが良いでしょう。