副交感神経の働き.net » テープを利用する施術

テープを利用する施術

接骨院で多用される治療法にテーピングがあります。これはテープを貼り付けて患部を治療する方法ですが、外反母趾や関節の症状などで多く用いられているこの治療法には、大きく分けて2つの種類があります。

まずキネシオテーピングと呼ばれる方法は、伸縮性に優れた専用のテープを用い、痛みのある部位、特に筋肉や関節などに貼ります。

自然治癒力を高めながら、その障害自体を和らげ、また徐々に正常な状態に戻していきます。キネシオテーピング用の製品の伸縮率は、筋肉や皮膚にほぼ近いものです。これを使用して筋肉に貼ることで、筋肉の働きを効果的にサポートすることができます。

そしてもう1つはホワイトテーピングと呼ばれるものです。この方法は関節を固定するために用いられることが多く、基本的な療法です。

接骨院では自宅でもできるようにセットにして販売しているところもあります。接骨院まで出向く必要がありませんし、費用も接骨院へ通うより幾分安くなります。やり方はややコツが難しい面もありますが、装着した後の感覚を得るように工夫していればそれほど難しいものでもありません。

その他にはスパイラルという種類のものもあります。筋肉のバランスをとるための製品ですが、駅伝のランナーの人がよく使用します。筋肉の痛みを解消したり、呼吸をやりやすくするためにも有効です。

小さなサイズで、絆創膏のようなものですが、かなり痛みが軽減される場合も少なくありません。スポーツ選手の場合はどうしても試合に出なければならない、ということからテーピングをする場合もあります。

捻挫や突き指など様々ですが、状態によっては無理な場合ももちろんあります。様々なテーピングの方法を熟知しているスポーツ整骨院などがとくにお勧めです。

他にも五十肩など様々な症状にマッチした治療法ですので、テーピングが効果がありそうだ、と感じたらできるだけ早めに接骨院で施術を受けるのがお勧めです。