副交感神経の働き.net » 体操とテレビ

体操とテレビ

腰痛体操法にも様々で、ついうっかり実行してみたところ、症状が悪化してしまったという場合もあれば、とてもすぐれた結果をもたらしたという例も少なくありません。

つまり、これらの中から自分に適した方法を選択するのは決して容易ではありません。腰痛体操はテレビで紹介されることがよくありますが、有名な番組などで大々的に取り上げられると、ついつい試してみたくなるという方も多いようですが、この場合も全ての方に効果があるとは言い切れないと思われます。

しかしためらわずに試行したくなった、というようなケースでは、良好な効果を発揮する場合も多くあります。

例としてマッケンジー法はかなりの回数テレビに登場していますが、患者さんによってはおのずから効果が高いと判断し、結果も良好な場合が多いようです。

マッケンジー法はニュージーランドから伝わった方法で、欧米でも高い評価を得ていますが、日本ではこのマッケンジー法の反らせる姿勢をとることが禁忌として扱われてきたため、最初はまるで相手にしなかったと言えます。

しかし、この反ることに可能性を感じる患者さんが多くなってきているようです。マッケンジー法はストレッチ運動が主体ですので、曲げ方を過度にもっていったりしなければ、とても効果的な方法です。

その他にもテレビで紹介されている腰痛体操法は多くあります。例としてNHKの今日の健康という番組で紹介されている腰痛、肩凝りなどに効果の高いものがありますが、こちらはDVDになって販売もされています。

これらを実施するかどうかは、患者さん1人で決めるのではなく、できれば医師に相談することが大切です。初めて腰痛になった、という方であればなおさら、症状を悪化させてしまう危険性が高いと言えます。

慣れてくれば、テレビで紹介されている種類のものであれば自分の症状にマッチしているかどうかをすぐに判断することができるようになるものです。