副交感神経の働き.net » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


副交感神経の役割

季節の変わり目に調子が悪い、夏場になってからどうしても体調がすぐれない。そんな人は、副交感神経を優位にさせることを意識するといいでしょう。

人には、心身の活動をつかさどる自律神経というものがあります。これはその時の活動状態に合わせて、活発に動く時には身体も素早く動けるように、休む時にはしっかりと休み回復できるように、身体状況を調整してくれるものです。

しかし気温の落差が激しい時や、ストレスが溜まってくると、休むべき時にも体は緊張状態が続いてしまって、体調不良に繋がることがあります。

本来休む時に働くべき自律神経を、副交感神経と言います。この神経の役割は、身体の緊張をゆるめてリラックスできるようにしたり、身体に受けたダメージを回復させやすい状態にすることです。

ですから、この役割をしっかり果たさせるためにも、夜眠る時や、休日ゆっくりする時には副交感神経が優位に働いていることが理想です。

しかし刺激の多い現代社会では副交感神経がしっかりと役割を果たせない状態になってしまっている人も多いです。気温の落差や、強い緊張状態などはもちろんですが、生活習慣の乱れも、自律神経が適切なバランスを保てず弱ってしまう状態になることがあります。

特別原因が思い当たらないのに体調が悪いなと思ったら、まずは生活習慣を見直してみると良いでしょう。また、夏場の暑さや冷房との気温の落差による体調不良も、休む時にしっかりとこの役割を果たさせるようにできると大分楽になるはずです。

副交感神経の持つ役割は他にも多くありますが、まずは副交感神経は身体を休めさせる役割があるものと理解し、身体を休める時に副交感神経がしっかりと優位になるよう行動を意識すると良いです。

その方法は、様々な本や、インターネット上の紹介サイトで掲載されています。調べてみるとちょっとした簡単なことで身体の調子を改善できることがわかるので、自分にできることから少しずつ実践してみてください。