副交感神経の働き.net » ゆがみの矯正

ゆがみの矯正

変形性膝関節症の治療で大切なのは、膝関節の部位の治療だけではありません。

筋肉強化では太股の強化が最前線となり、強化によって膝への負担を軽減させれば、リハビリの効果が大きくなり、肥満気味の場合は体重の負荷をかなり軽減することができます。

またもっとも外側からの大きなアプローチと言えるのが、身体のゆがみを矯正する方法です。この矯正は主に整体院等で施術を受けます。身体のバランスを整えることで、変形性膝関節症を改善していくことができます。

変形性膝関節症で膝が痛いのであれば、膝関節が変性を起こしていることがまず考えられます。そして骨盤がゆがんていることに着目する、というのが整体でのアプローチです。

身体のバランス、重心が崩れていることを最も大きな原因としてとらえ、その最も大きな問題を解消することで、変形性膝関節症への大きな効果を期待します。

始めは膝関節の周りの筋肉の緊張を解き、徐々に可動域を広げるように処置をし、両足の膝に体重がバランスよく乗ってくると、骨盤や背骨などの身体のバランスを調整します。

矯正は短期間で処置できるケースは稀です。また変形性膝関節症の痛みを改善することから始めますので、状態によってはとても長い時間を要します。しかし徐々にゆがみが矯正されるにつれ、日常生活で膝をよりスムーズにかばうことができるようになると、治療への意欲も増してきます。

整体、カイロプラクティック等での矯正はほとんど痛みがありません。ゆっくりと時間をかけて施術していきますので、女性にとっても施術は受けやすく、また女性のドクターが行うところも多くありますので、より安心して施術が受けられます。

ゆがみの矯正は整形外科での変形性膝関節症治療と平行させているというケースも多くあります。どちらのアプローチも相互に受け入れやすく、変形性膝関節症の改善速度もアップさせることができます。

しかし他の治療を受けていることは医師に知らせることも大切です。場合によっては治療をせずに安静にしなければならない場面も出てきます。

変形性膝関節症が再発してお困りの方はこちら